グレインフリー ドッグフード

MENU

グレインフリードッグフードとは?

グレインフリードッグフードを販売するメーカーが増えましたね。
グレインフリーのグレインと言うのは、穀物のこと。穀物が入っていない
ドッグフードのことをグレインフリーと言います。

 

グレインフリーだと記載していないドッグフードでも
穀物を使っていない商品はあります。
なぜ、「グレイン」にこだわっているのでしょうか?

 

そもそも穀物というのは、小麦や大麦、トウモロコシ、米
大豆、玄米、オートミールなどのことです。

 

犬は本来、肉食系動物ですから歯の構造や腸の長さなどは
肉食動物として備わっています。

 

そこで、犬にとって穀物はとても消化吸収が悪く苦手な食材です。
穀物を消化するためには、アミラーゼと呼ばれる酵素が必要

 

その酵素すら、犬は保持していませんし
体の中でアミラーゼを作り出すこともできません。

 

だからこそ、穀物不使用のドッグフードは
犬にとって消化吸収が良く健康になれるドッグフードだと人気なのです。

穀物をたくさん食べるとどうなるのか?

別に穀物を食べたからと言って、犬が病気になってしまったという報告はありません。
あくまで、犬にとっては消化吸収が悪いものとして認識されています。

 

たとえば、人間でも消化に悪いものを食べると、便が固くなったり
下痢をしたりしますよね。
同じように、グレインをたくさん食べたら、犬はちょっと不健康になります。

 

たとえば、肌に影響が出たり毛並みや毛艶に出たり
人間が食生活を悪くするのと同じなので
糖尿病や肥満、高血圧などにもなりやすいというわけです。

 

今穀物を与えているという方は、安心して下さい。
今すぐ死んでしまうというわけではないので、そのまま
穀物を含んだドッグフードをあげていても大丈夫です。

 

でも、ここで考えてほしいのは、「それって犬にとって必要なのか?」ということ。
犬にとっては必要のない穀物を与えることで
健康被害が出るのは仕方ありません。

 

飼い主としては、愛犬にいつまでも健康でいてほしいでしょうから
穀物を含まないドッグフードを与えたほうが安心なんです。

 

⇒イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』の詳細はコチラ

 

⇒ドッグフードならカナガンがおすすめ!愛犬家が選ぶ犬の餌TOPはこちら